外国人技能実習生を受け入れる制度の概要とメリット

外国人技能実習生を受け入れる制度の概要とメリット

インドやブラジル・中国などの開発途上国では、自国の産業や経済発展の担い手となりうる人材を育成するため、先進国の技術・技能・ノウハウ・知識等を習得させたいというニーズがあります。

一方で、我が国では、少子高齢化の進展やものづくり産業などの3K職場において、途上国の人材を受け入れ、人材不足を解消したいというニーズがあります。
その両者のニーズをマッチさせる仕組みが、外国人技能実習生を最長3年間という期限を区切り受け入れる「外国人技能実習制度」です。

期待できるカンボジアの外国人研修生について親身になってアドバイスいたします。

この制度は、外国人技能実習生へ技能等の移転を図り、その国の経済発展を担う人材育成を目的とするものですが、国際交流・国際貢献というカテゴリーにおいても重要な役割を果たしていると考えられます。



また、外国人技能実習生である本人にとっても、日本の産業界で技術をマスターすることにより、自国に戻った後、然るべき仕事に就くことが可能であり、自身の生活がより豊かになるというメリットがあります。
さらに、彼らが学ぶものは技術等にとどまらず、職場の人たちとの円滑な人間関係や仕事を進める上で必要な日本語を習得し、彼らの母国と日本の産業界を結び付ける懸け橋となってくれることが期待されます。

外国人技能実習生を受け入れる企業にとっては、彼らの出身国の企業とのパイプが構築しやすくなるだけでなく、その国へ進出しようとする際に、とても信頼できる人材を育成することにもつながるのです。

技能実習生の育成は、ダイヤモンドの原石を磨き上げるようなもので、それがうまくいけば、企業にとって海外進出・海外企業との取引の円滑化を図る上での大きな原動力となり得るものです。



人材育成は難しいかもしれません。しかし、苦労に苦労を重ねた以上に、返ってくるものは大きいと考えられます。

  • よく解る情報

    • 東南アジアには今後経済の成長が大きく見込まれる国も多く、そして人口も増加傾向にある国が多い特徴があります。日本等の先進国はすでに安定的な経済に突入しており、少子高齢化が問題視されるなど、解決すべき問題がまだまだ山積みです。...

      detail
  • 教育のテクニック

    • 東南アジアでは、最近日本語学校が非常に増えています。日本の文化や言語を学び、ビジネスシーンでも活躍できる人材を育成することを目指しています。...

      detail
  • 納得の事実

    • 外国人労働者を日本で受け入れを検討している企業の場合、まずは具体的な国や目的を明確にする必要があります。特に工場を持つ企業や建設関係の企業の場合、外国人研修生を受け入れる事で、日本での採用や人材不足を補完出来るメリットがあります。...

      detail
  • ためになる教育

    • 外国人技能実習生は「日本の技術を習得して自国で活躍したい人」と「日本で働くために必要な技術を身につけたい人」に分かれるでしょう。技術指導をする日本の会社や団体もやはり二つに分かれます。...

      detail