外国人技能実習生を受け入れる制度の概要とメリット

  • お互いの未来を豊かにする外国人技能実習生

    • 外国人技能実習生は「日本の技術を習得して自国で活躍したい人」と「日本で働くために必要な技術を身につけたい人」に分かれるでしょう。

      カンボジアの人材派遣技術のご紹介です。

      技術指導をする日本の会社や団体もやはり二つに分かれます。
      人手不足と言われる業種で日本人に変わる人材を育てたい場合と社会貢献の一環として発展途上国から実習生を招いて教育する場合です。

      そのどちらにしろ、外国人技能実習生は大きな目的をもった人達ですから、とても勤勉な人が多いです。また、自分のためだけでなく、家族や地域、さらには国の将来を背負って来日する場合もありますから、大変なプレッシャーをもって来ている人達もいます。

      いろいろな事情がある外国人技能実習生と受け入れ側がお互いの利益のためにうまくやっていくにはお互いの文化を理解する努力が大切です。

      まずは、言葉の壁があるかもしれません。
      到着してから日本語を学ぶ機会がある外国人技能実習生もいますが、語学というのはなかなかすぐに上達するものではありませんし、生活してみてやっと理解できることも多いです。

      受け答えに違和感を感じることもあるかもしれませんが、反対に実習生が日本人の接し方をおかしいなと思っていることもあるかもしれません。

      少し時間がかかるかもしれませんが、コミュニケーションのし方をお互いに学んでいくことが円滑な労働環境を築くポイントの一つでしょう。



      受け入れ側は技術を伝えたい。



      実習生は技術を習得したい。
      お互いの目的は合わさっています。


      その目的をどう達成できるか協力して方法を導き出すことが成功のカギになるのではないでしょうか。