外国人技能実習生を受け入れる制度の概要とメリット

  • 人材不足を解決するカンボジア技能実習生

    • 東南アジアには今後経済の成長が大きく見込まれる国も多く、そして人口も増加傾向にある国が多い特徴があります。

      カンボジアの技能実習生情報サイトを活用しましょう。

      日本等の先進国はすでに安定的な経済に突入しており、少子高齢化が問題視されるなど、解決すべき問題がまだまだ山積みです。
      特に企業にとっては、人材の確保が難しいと感じている事も多く、なかなか希望とする人材が見つからない場合もあるでしょう。



      少子化に伴い若い労働者が減っているこの日本では、特に建設業界や製造業で人材不足が叫ばれています。


      そこで注目したいのがカンボジア等の東南アジアから技能実習生を受け入れる制度を導入する方法です。

      この技能実習生の受け入れは、外国人技能実習制度という制度を利用する事で、日本企業にてカンボジア人を一定の年数受け入れが可能となり、企業で日本の技術を学びながら働いてくれる制度の事です。
      日本で人材が見つからないのであれば、海外に目を向け、そして日本で働く事を夢見る若い人を採用出来るというメリットがあります。
      カンボジア人にとって、日本で働く事が一つのステータスと感じている人も多く、日本での就業を希望する人が多い特徴もあります。



      自社が持つ技術を海外に広める事も可能となり、若い労働者を確保出来るでしょう。


      企業の従業員数に応じて技能実習生の受け入れ可能人数は異なりますが、まずは数名程度の受け入れから始め、今度長期的な受け入れを視野にいれてみると良いでしょう。


      さらに少子化が進むこの日本において、今の段階から海外の人材へ目を向けておく事も重要ではないでしょうか。