外国人技能実習生を受け入れる制度の概要とメリット

  • カンボジアで学んだが外国人研修生は会社に貢献する

    • 東南アジアでは、最近日本語学校が非常に増えています。
      日本の文化や言語を学び、ビジネスシーンでも活躍できる人材を育成することを目指しています。

      いろいろな研修なども経て、育成がされるため、企業にもしっかりと貢献することができます。カンボジアでも外国人研修生の制度は有名で、若い候補者が、教育機関で様々な技術と、語学を学びます。また、それを教える講師陣も、日本より送り込まれた優秀な人材なので安心です。日本でもカンボジアの外国人研修生を紹介する事業所があり、会社で活躍できる厳しい基準を突破した人を会社へ紹介しています。

      カンボジアでの学習も、少人数制のクラスをとっており、300時間以上のカリキュラムをこなしていくという厳しい内容になっています。
      また、実習機関で実際に働くことで現場の雰囲気や、仕事のノウハウを肌で学びます。

      カンボジアの人材派遣に関するサポートサイトはここです。

      さらに、日本語教育などもしっかり受けているので、社員とのコミュニケーションも問題なくできます。
      受け入れる企業にとっても、外国人研修生の存在は、大きな影響を与えます。



      さらに、優秀な日本の技術をまなんだ若い人が、カンボジアへその技術や学んだことを持ち帰り、現地でまた、新たな技術として取り入れられることも期待されます。



      発展途上国の若者にも、働くことの喜びを教えることのできる外国人研修生の事業は今から、ますます注目を集めるものになります。
      会社の業務の効率化につながるので、積極的に取り入れていきたい事業です。