外国人技能実習生を受け入れる制度の概要とメリット

  • カンボジア外国人研修生の導入は専門の業者へ依頼

    • 外国人労働者を日本で受け入れを検討している企業の場合、まずは具体的な国や目的を明確にする必要があります。
      特に工場を持つ企業や建設関係の企業の場合、外国人研修生を受け入れる事で、日本での採用や人材不足を補完出来るメリットがあります。

      カンボジアの外国人研修生のサイトが登場しました。

      中でもカンボジアから外国人研修生は非常に人気が高く、カンボジアの若い人材は日本で働く事を希望し、日本企業はそんな若い人材を確保したいとお互いマッチングした制度とも言えます。



      しかし、初めてカンボジア人を受け入れるとなると、具体的にどの様な手続きが必要で、どの様にして手配を進めるべきか迷う事もあるかもしれません。
      そのため、まずは専門の業者へ連絡をし、人材の確保から日本での就業に至るまで斡旋してもらうと良いでしょう。

      外国人研修生を現地で募集をし、そして面接、その後日本での就業の手続きを行い、企業側としては受け入れ態勢をしっかりと整える必要があります。
      日々生活をする寮を完備したり、実際に就業する中での研修制度、トレーニング等現在働く社員への周知も必要となるでしょう。

      外国人研修生の目的は、日本で技術を学ぶ事にありますので、彼らが日本の技術を習得出来る様な環境作りも重要なポイントとなるでしょう。

      今後、将来的にもより注目される外国人の受け入れですので、まずは日本での就業を希望する人が多いカンボジア人の受け入れから始め、今後徐々に人数も増やしたり、受け入れを行う国を増やしてみるのも良いでしょう。